「コラム」 一覧

コラム

ふなっしーの街、船橋の魅力。「船橋大神宮」から「駄菓子屋リュウ君」まで

船橋には「ふなっしー」のみならず、船橋には徳川家康に関係が深い東照宮・昭和ノスタルジックな駄菓子屋・商店街と魅力が詰まっている。今回は、船橋駅から徒歩で歩ける、船橋の魅力が伝わる散歩コースをご紹介する。

百立建設

コラム トラベル

台南・蓮池潭(レンチタン)。いとしの桃源郷。【3泊4日、ぼくの台湾・弾丸放浪記(3)】

10時45分。電車は終点・高鐵左営駅へ到着した。空港で買ったJTBのガイドブックをリュックの底から引っ張り出し、パラパラめくると、近くに蓮池澤(レンチタン)という淡水池があることを知った。とりあえず、そこへ向かってみよう。

軍艦島ー全体像

コラム

女ひとり。軍艦島へ、いざ行かん。【ぶらり写メ旅 1日目】

2020/5/17    , , , , ,

「この写真、何だっけ……」旅先で、スマートフォンでバシャバシャと写メるものの、整理整頓が苦手なわたしの写真フォルダは混沌を極めている。そんなフォルダ内から、呼び起こされた記憶とともに発掘された写真ーーー「軍艦島」。

コラム

江戸時代にタイムスリップ!?「深川江戸資料館」で手軽に旅行気分を味わおう

タイムスリップ。現実を超え、過去や未来へ時代を移動してみたいと思ったことが一度くらいあるのではないだろうか。私は小学生の時に当時放送していた「JINー仁ー」の影響で江戸時代に憧れていた。今回は、手軽に江戸へタイムスリップ気分が味わうことができる「深川江戸資料館」をご案内しよう。

コラム

「変わる廃墟展2020」イベントレポート。廃墟が見せる朽ちていく美しさに魅せられて

2020年3月、廃墟に特化した写真展「変わる廃墟展2020」が開催されると聞いた。しかも、今までの概念が180度変わる廃墟の展覧会だという。今回の記事は、こちらの写真展を鑑賞をしてきたレポートだ。

台湾_宜蘭

コラム 台湾へのみちしるべ

日本語の混ざった台湾語。「宜蘭クレオール」から聞こえる台湾の歴史

台湾では、原住民の言葉や客家語などたくさんの言葉が話されている。その中でも私が面白いと思った、日本語とアタヤル語の接触言語である「宜蘭クレオール」について少し書いてみようと思う。

コラム

深川にある「高橋のらくろ~ド商店街」。清澄白河近くの下町情緒溢れる商店街と“のらくろ”

ところで、皆さんは戦時中の少年漫画「のらくろ」を知っているだろうか?今回は田川水泡が少年時代を過ごしていたゆかりの地、江東区・深川の「のらくろ〜ど商店街」をめぐる。

勝運商店街_亀戸

コラム

昭和レトロな看板建築で再興した「勝運商店街」。リノベーション商店街の秘密に迫る

東京都・江東区にある亀戸天神は梅や藤が綺麗なことで有名だが、駅から亀戸天神に行くまでの途中で素敵な商店街を見つけた。しかし、私はその商店街に少し違和感を感じられずにはいられなかったのである。平成生まれの看板建築。勝運商店街をめぐる。

コラム

439号・モノレール・旅の終わり【鬱になったから西を目指した(3)】

2020/5/4    , , ,

徳島から四国山地を縫うように走った。目的地はもうわかっていなかった。でも、少しずつ頭の中のモヤが晴れていくような感覚があった。

コラム

浅草橋に佇む「おかず横丁」は看板建築の宝庫。忘れていた日本の食文化を想う

2020/4/24    , , , , ,

浅草橋から浅草方面に北上していると、ふっと懐かしい匂いを感じた。どっしりと構えた古い看板。狭い通りに立ち並ぶ商店。「おかず横丁」のレトロの看板建築群を巡ります。

Copyright© すごいお雑煮 , 2020 All Rights Reserved.