釣りのススメ〜まずはやってみよう編〜

投稿日:12月 26, 2019 更新日:

The following two tabs change content below.
お酒菜

お酒菜

「すごいお雑煮」編集部のライター。釣りと読書と煙草。

皆さん、釣りはしたことあるだろうか?

私独自の調査結果ではあるが、最近の大学生がやったことある釣りといえばスポッチャの釣り堀か、冬に西武園でニジマスを釣ったくらいらしい。

嘆かわしい……。

しかし、これもまた私独自の調査結果であるが、釣りに興味ある!という人は、全人類の8割程度に及ぶ(と嬉しい)。

そんな興味はあるけど一歩踏み出せない……と思っている諸君が、最初の一歩を踏み出す助けになれば幸いだ。

 

とりあえず、道具を買って釣りをする

カサゴ。餌を見つけるとどこからでも飛びついてくる可愛いヤツ。

あなたが住んでいるところはどこだろうか? 都心? 田舎? 近くには海がある? 川?

釣りが許可されている水辺には、必ず何かしらの魚がいる。まずはそこで気軽に釣りをしてみて、魚を釣る楽しさを是非知って欲しい。

トップ画像で使っているコイの稚魚は、私が祖母の家の前にあるよく分からん小川で釣ったやつだ。

この時は釣具屋で買ってきた2000円もしない竿に、小魚を釣る用に売ってた300円くらいのウキが付いた仕掛けだった。餌は買うのがめんどくさかったから、家にあった小麦粉を水で練っただけのものだ。竿や仕掛けは、壊れたりしない限り、使いまわせば良い。ようするに、安く長く楽しめるのだ。

何を買えば良いのか分からない? そんな時は、勇気を出して大型釣具店の店員さんに聞いてみよう。

「その辺の川で小魚が釣りたい」「そこの海でなんか食べられる魚が釣りたい」

こんな風に聞いてみれば、安ければ2000円程度、高くても5000円あれば最低限道具が揃うだろう。

ここで敢えて大型釣具店と限定したのは、初心者向けの道具が揃っているからだ。中小規模だと、どうしてもセレクトショップのような、店主が好きなブランドや仕掛けしか置いていない、なんてことも多々ある……。

 

まずは春、または秋に釣りをしてみる。

初夏に沢山釣れるマハゼ。これは江戸川で釣った写真。

季節は、釣りにとってとても重要な要素だ。どんな季節でも、何かしらの魚は釣れるが、種類は全く変わってしまう。

私が特におすすめするのは、初夏のハゼ釣りと、秋のアジ・サバ釣りだ。

なぜかと言えば、とても釣りやすくて、味も美味しいからだ。そして何より、日本のどこであっても上記3種の魚はいる。

逆に真夏と真冬はおすすめしない。この季節はあまりに過酷な環境であるからだ。

どうしても釣りをしたければ、真夏は管理された渓流でニジマスを釣るか、朝や夕方の気温が少し落ち着いている時間帯に海でシロギスを狙ってみるのがおすすめだ。

真冬は諦めて家で正月特番観てなさい。ちょっと暖かくなったらメバルを一緒に釣りに行こう。

詳しい釣り方は、上記した魚の名前の後に、釣り方 と入れて検索してみて欲しい。

次ページ:釣りを楽しむ上での注意点とは

次のページへ >

-コラム
-, , , , , ,

Copyright© すごいお雑煮 , 2020 All Rights Reserved.