ポストデイトナ。Tudor 79280 クロノタイムの高騰にみる狂気

投稿日:4月 4, 2021 更新日:

昨今のロレックスの高騰は底知れない。あの時、50万だったサブマリーナデイトが100万を超えそうで、あの時、30万だったエクスプローラー1は70万の大台に達しようとしている。そんな中、かつてのロレックスの良心を残しているのが、90年代までのオールドチューダー(チュードル)である。

ロレックスの息を継ぐ、チューダー79280

チューダーはロレックスのディフュージョンブランドとして知られる。元々はロレックスと別の会社だったが、50年代に買収され、ロレックスのお家芸である「オイスターケース」など、ロレックスが持つ技術を大衆に広めるべく、弟分としてその役割を担ってきた。ムーヴメントはETAなど凡庸機でありながら、外装にはロレックスの純正パーツを使用する。そんな程よい温度感が受け、海外を中心に支持を得てきた。2000年代に入ると、チューダーは独自のラインアップに注力するようになり、ロレックスの純正パーツの使用を取りやめ、自社ラインでの腕時計生産を始める。現在百貨店で見かけるチューダーの腕時計は、自社の世界観で構成されたものであって、ロレックスと別物の腕時計と考えて良いだろう。

2010年代、相次ぐ新作発売によって空前のロレックスブームが到来し、スポーツモデルを筆頭にロレックスの全モデルの価値が高騰する。すると、0年代の純正ロレックスパーツを使用したチュードルが併せて注目されるようになる。ロレックスの人気モデルはスポーツモデル・クロノグラフに集中するので、必然的にチューダーの類似モデルの価値が上がることになる。特に、チューダー・クロノタイム 79280。このモデルは昨今のロレックス人気で価値が急騰した、“狂気”に他ならない。

79280は、ロレックス・クロノグラフの雰囲気を残すチューダーの最終世代にあたる。外装はオイスターケースを彷彿させる滑らかなラグに、収まりの良い39mmケース。文字盤には、オールドロレックスを彷彿させるシンプルな3レジスターを備える。現代の腕時計にみられる厚ぼったい装飾は省き、端正なサンレイに細身のバーインデックス。バルジュー7750を搭載しているため縦目ではあるが、その佇まいはまるでデイトナそのものだ。

79280がリリースされた1995年から翌96年までは先代79180の装飾を受け継ぎ、リューズ・裏蓋にロレックス純正パーツ、文字盤には「OYSTER DATE」の表記が施されていた。当時の新品定価はせいぜい25万程度だったが、このモデルは中古で70万円を下回らない人気モデルになった。後年モデルも現在では40万を割ることはない。

富裕層のためのマーケットに変貌する、ロレックス

すっかり伝説の1ページに刻まれつつある79280クロノタイムだが、気になるのは、このモデルが本当に伝説にふさわしいモデルか否か、という話である。これは主観だが、筆者は79280を、ロレックスパーツを使用した前期型、ロレックスパーツを使用していない後期型と2本所有していた。正直なところ、前期も後期も質感はほとんど変わらない。変わった点といえば、せいぜいブレスレットの形状と、リューズ・裏蓋の刻印くらい。それを除けば、中堅ブランドの質感で、所有感もいまひとつ。むしろ3連ブレスは真ん中のコマが中空なので安っぽく感じるほどだ。

つまり、79280は質感がそれ相応なのに、ロレックス然とした佇まいと雰囲気だけで、年々価値を高めているのだ。これは“狂気”というに他ならない。既に79280は廃盤であり、Tudorの現行ラインアップにクロノタイムはない。これから市場の流通数を減らしつづけ、その度にまた価値を高めることになるだろう。

デイトナが青天井の今、愛好家にとってクロノタイムは、ロレックスの息を継ぐクロノグラフ最後のオアシスである。しかし、希少性のみを追い求める昨今のマーケットは、正直どうかしている。ブランディングのための流通調整の影響も大きいだろう。僕はクロノタイムも好きだし、チューダーもロレックスも好きだが、富裕層の投資材料として選ばれているのはなんとなく心苦しい。

おそらく79280は、これからも価値を高め続け、100万円の大台に達するかもしれない。欲しい人に欲しいロレックス・チューダーが行き届いて、誰もが平等に楽しさを分かち合う世界は、もう遥か昔に終わってしまったらしい。

<TEXT /お雑煮>

-コラム
-, , , ,

Copyright© すごいお雑煮 , 2021 All Rights Reserved.