大阪駅の立ち食いそば『麺家』の名物は「カレー丼」だった?気になるお味は……

投稿日:3月 8, 2020 更新日:


カレー丼。それはあらゆるドンブリの中で、最も中途半端な存在……。インドのソウルと、和食のカルチャーを折半する、孤高の存在。

しかしそれゆえに、カレー丼のカレー丼たる線引きはかなり難しい。

例えばそう、とある蕎麦チェーンで見かけるカレー丼。ドンブリに盛られたご飯にカレールウをかけただけのもの。

果たしてアレをカレー丼と呼んで良いのだろうか。お前、それはカレーライスっつうんだ。こういうヤツはあれだ。「蕎麦が立ち行かなくなったらカレーライス屋に業態転換してやろう」的な優柔不断さがある。気づいたらいつの間にかカレー屋になってんだろ。“富士カレー”とか名乗るんだろ……。まさかないけど。

だからこそ僕は、カレー丼に対して厳格な基準を設けている。

そしてその基準において満点を叩き出したカレー丼が、大阪にある。

大阪駅にて、カレー丼を食す

麺屋みどう

大阪駅「麺屋」みどう店

JR大阪駅・御堂筋口を出て正面にある「麺屋」大阪みどう店。JR西日本が経営する立ち食い蕎麦チェーンの基幹店だ。

みどうショーケース

ショーケースにはカレー丼がずらり

駅の改装で雰囲気は一変したが、ここは古くからカレー丼をスタメンとして扱ってきた。その証拠に、ショーケースのサンプルにはカレー丼がずらりと並んでいる。

駅そばのカレー丼というと、せいぜいセットメニューのミニ丼がちょうど良いくらいだ。しかし、麺屋は堂々とレギュラーサイズで展開している。これは期待が高まる。

店内に入ると、客の多くはうどんとカレー丼をセットにして頼んでいた。

早速食券を購入し、厨房のおばちゃんに手渡す。調理の合間に冷水器で水を汲み、どこに座ろうかと顔を上げれば、受取口から“丼ッ”と鳴る。

「和風牛肉カレー丼お待ちどうーー」

早い。食券を渡して30秒くらいか。この早さすら愛しい。

これぞカレー丼!味も見た目も100点満点

牛肉カレー丼

和風牛肉カレー丼(レギュラー・480円)

「和風牛肉カレー丼(レギュラー)」(480円)

ご飯に並々と注がれたカレーの餡(あん)。その色あいは黄色く、ツヤツヤと輝く。そして登頂部に盛られた長ネギ。

うーん、これこそカレーと和食のコンビネイション。100点満点のカレー丼……。

そう、丼には必ず、丼たる特徴がなくてはならない。

天丼は甘ダレをかけるし、カツ丼は卵でとじる。そしてカレー丼には、“出汁で味付け”して“ネギを添える”のだ。カレーライスがドンブリに昇華した瞬間である。

思わずうっとり。洋食と和食のコンビネーション

カレー丼の餡

さらさらな餡が米を包み込む

早速ひとくち。レンゲを使って米を持ち上げると、さらさらな餡が包み込む。

……おっ。軽やかな食べ心地。

スパイシーさとは程遠く、カレーライスに連想される重量感はない。出汁が効いて、優しさのある素朴な味わい。しかし味わうほどに、懐かしい洋食屋のカレーが頭をよぎる。

具材もカレーライスにはみられない極めて和風なもの。餡のつまった油揚げ、間を縫って入ってくる長ネギのシャキシャキしたフレッシュさもまた良い。お国柄の異なる味が1つの器の中でかき混ざり、絶妙なバランスで成立している……。

カレー丼の起源は、とある中目黒の蕎麦屋に遡る。洋食文化が栄えた昭和40年代、店主はカレーを和食に取り入れるべく試行錯誤を繰り返し、この味を完成させた。その後、この蕎麦屋が大阪・谷町に新店を構えるや、たちまち盛況を呼んだ。大阪駅の立ち食い蕎麦でカレー丼が愛され続けているのも、こういった生い立ちによるものだろう。

つまるところカレー丼とは、時代に揉まれ、洋食と和食の葛藤を経て生まれた賜物なのだ。出汁と具材の織りなす中途半端さ・懐かしさ……。食い倒れの街にいまなお根付く、古き好きその味。しかと堪能した。

〈TEXT/お雑煮〉

-グルメ
-, , ,

Copyright© すごいお雑煮 , 2021 All Rights Reserved.