在宅?出社?どちらにもピッタリなマウス、Microsoft「Arc Mouse」をレビュー!

投稿日:7月 15, 2020 更新日:

在宅勤務、出社…みなさんぞれぞれでしょうが、行ったり来たりということ増えていませんか?
出社していてもフリーアドレスだったり会議が多かったり、一箇所に留まらず移動しながら働くこと多いのではないでしょうか。

そんなとき、何気に皆さん困っているであろうこと…

「マウス、落っことしちゃう」

平たいノートPC、平たいノートや手帳、平たいものと一緒に持ち運ぶとき、どうしても立体的なマウスって居場所がなくPCの上に乗っけて持ち歩いて落っことしちゃうことあると思います。

また、バッグの中にもなかなかしっくりと入らず、邪魔者になっていたり、入れ忘れたり、マウスに関するお困りごと、意外と多いのでは。

尺取虫みたいなアイツが解決

マイクロソフトから販売されている、Arc Mouseはそんなお悩みをあっという間に解決してくれます。

できることは至極簡単です。マウスが立体的になったり、平べったくなったり、変身するのです。

こんな感じに、尺取虫みたいに変身です。

持ち運びに特化しただけではなく高性能

Microsoft公式HPより

よくある持ち運びに特化したマウスは小さいだけで使いにくかったり、長い時間使っているとすごく疲れたり・・・普段遣いには少し問題があるモノでした。

こちらのマウスはそんなことは全く感じさせず、使用時のサイズは一般的なマウスと同等のサイズ

側面が空間になっていることが逆にマウスのホールド感を増してくれます。

ホイールがないのですが、タッチセンサーになっており、中指でなぞることでスクロールが可能です。
(今になって思うと、ホイールの存在がマウスの立体感を導いて持ち運びに難を感じさせていたのかも)

CADユーザーに特におすすめ

そして何より私の気に入っている点なんですが、3ボタンマウスとしても使用できるんです。

ちょっとマニアックかもしれないですが、私は仕事でCADを使うので真ん中クリック=3ボタンていうのは必須です。ホイール付きのマウスの場合、ホイールを押し込んで3ボタンで使うことはできるんですが、とてもバランスが悪く、頻繁に使うには使いにくてストレスがたまります。

なので、スクロール機能は諦めてただの3ボタンマウスを使うんですが、スクロールができないことも結構、苦で…。

その悩み解消のためにトラックボールみたいなのを使ってたりしますが、そうなると今度は持ち運びが更に難しくなる…。

スクロールのできる3ボタンマウスを取り扱ってるのは、私の知る限りマイクロソフトだけではないかと思います。

ものづくりに携わり、在宅や会社や、複数の拠点でお仕事をすることがある方、このマウスはオススメです!

<TEXT/ゼットン>

-スゴイオドウグ, ライフ
-, , ,

Copyright© すごいお雑煮 , 2020 All Rights Reserved.