「散策」 一覧

コラム

「四国八十八カ所巡り」が千葉で体験できる!「新四国吉橋組大師講」の石碑を船橋で発見した話

2020/6/17    , , , , , ,

「四国八十八カ所巡り」を一生のうちに一度は経験してみたいと思ったことがある方もいるのではないだろうか。「お遍路」とも呼ばれ、空海ゆかりの八十八カ所の寺院を巡礼することだ。実は私も、それが死ぬまでに成し遂げたいことの一つだったりする。しかし、関東に住んでいる身としては、四国に足を踏み入れる機会も少ない。自分とは遠い話と思っていた矢先、千葉県のあるお寺で発見してしまったのだ…。

コラム

ふなっしーの街、船橋の魅力。「船橋大神宮」から「駄菓子屋リュウ君」まで

船橋には「ふなっしー」のみならず、船橋には徳川家康に関係が深い東照宮・昭和ノスタルジックな駄菓子屋・商店街と魅力が詰まっている。今回は、船橋駅から徒歩で歩ける、船橋の魅力が伝わる散歩コースをご紹介する。

軍艦島ー全体像

コラム

女ひとり。軍艦島へ、いざ行かん。【ぶらり写メ旅 1日目】

2020/5/17    , , , , ,

「この写真、何だっけ……」旅先で、スマートフォンでバシャバシャと写メるものの、整理整頓が苦手なわたしの写真フォルダは混沌を極めている。そんなフォルダ内から、呼び起こされた記憶とともに発掘された写真ーーー「軍艦島」。

コラム

「変わる廃墟展2020」イベントレポート。廃墟が見せる朽ちていく美しさに魅せられて

2020年3月、廃墟に特化した写真展「変わる廃墟展2020」が開催されると聞いた。しかも、今までの概念が180度変わる廃墟の展覧会だという。今回の記事は、こちらの写真展を鑑賞をしてきたレポートだ。

コラム

深川にある「高橋のらくろ~ド商店街」。清澄白河近くの下町情緒溢れる商店街と“のらくろ”

ところで、皆さんは戦時中の少年漫画「のらくろ」を知っているだろうか?今回は田川水泡が少年時代を過ごしていたゆかりの地、江東区・深川の「のらくろ〜ど商店街」をめぐる。

花街の香りをもとめて

立石の「呑んべ横丁」。昭和と令和、再開発の狭間に思うこと

2020/5/3    , , , ,

「呑んべ横丁」。名前からして昭和感溢れる横丁が、東京都葛飾区・立石にあると聞いたので行ってきた。

Copyright© すごいお雑煮 , 2022 All Rights Reserved.